Skinoren cream

アゼライン酸クリーム:医師がオススメ、ちょい足しスキンケア

日々のスキンケアで困ったことはありませんか?

その日の体調や季節などによって、肌の調子は変わるもの。ニキビができたり、皮脂が多くなったり、赤みが出たりすることもあるかもしれません。そんな肌トラブルの対策として、毎日のスキンケアにちょっとだけ足してみるのをオススメします。それが「アゼライン酸」クリームです。

アゼライン酸は小麦やライ麦などの穀類や酵母に含まれている天然物由来の酸で、安全性が高い成分です。ニキビ治療薬として、ヨーロッパ・アメリカ・アジアなど世界の80カ国で承認されており、30年以上も使用されています。また酒さ(持続する赤ら顔)の治療にも適応があるります。日本では医薬品としての承認がないので、知らない人も多いかと思います。

 

アゼライン酸クリームの効果は?

 

主に下記の5つの効果が挙げられます。

① 毛穴の詰まりを改善する(角栓除去)

② 過剰な皮脂分泌を抑える

③ アクネ菌に対する抗菌作用

④ 美白作用(メラニン生成抑制)

⑤ 抗炎症・抗酸化作用

このような働きにより、ニキビの発生を抑え、悪化を予防します。しつこいニキビの赤みやニキビ後の色素沈着でお悩みの方にも効果が期待できます。日本ではニキビ治療薬として、ディフェリンゲル(アダパレン)やベピオゲル(過酸化ベンゾイル)が第一選択薬とされていますが、それらの薬剤が肌に合わない場合に使用が検討されることもあります。

また、マイルドな皮膚剥離作用(ピーリング効果)があるため、肌のキメ・質感や色ムラの改善にも効果があります。

 

副作用はある?

アゼライン酸は多彩な効果を持ちながら、ほとんど副作用がないため、長期間使用することができます。ただ、天然物由来の酸ということもあり、外用した部位に「熱感」「かゆみ」などの刺激症状を生じることがあります。通常30~60分程度で消失しますが、チリチリと刺激が続く場合には、使用回数や使用量を減らすことをオススメします。

また、アゼライン酸はトレチノイン(ビタミンA誘導体)やレチノールと効果が似ていますが、妊娠・授乳中の方でも安心して使用できます。

 

カンボジアでの美容クリニック選び 5つのポイント

カンボジアの首都プノンペンでは、他の東南アジアの都市と同様に美容クリニック・エステサロン・スキンスパなどが次々とオープンしています。SNSでの画像投稿が日常生活の一部となった今、写真にどう映るかが重要視されているからかもしれません。

カンボジアに住んでいると、どこでどんなクリニック(美容皮膚科・美容外科)を受診したらいいのか迷うのではないでしょうか。これには日本での病院・医者選びとは異なった視点が必要です。やはり安心・安全が最優先されますから、カンボジア在住医師の立場からクリニック選びのポイント5つを解説していきたいと思います。

 

① 本当に医療施設なのかどうか

② 医師の経歴が明確かどうか

③ 治療内容・必要性を十分に説明してくれるか

④ 複数言語で対応してくれるか

⑤ 派手な広告やプロモーションを連発していないか

 

① 本当に医療施設なのかどうか

これを読むと、一瞬「はぁ?」と思うのではないでしょうか。

「〇〇クリニック」という看板を見ると、普通は医師と看護師がいる医療施設だと思うはずです。しかし、カンボジアでの“Beauty clinic”や“Skin clinic”は、カウンセラーに相談できる場所というようなイメージもあるため、単なるエステサロンやスキンスパがクリニックを名乗っている場合があります。同じく、“Beauty center”も医療施設ではない場合があります。美容医療を受けるつもりで受診しても、資格を持たないスタッフが施術を対応することになりますから、ご注意ください。

さらに、医療施設でないにもかかわらず、患者に注射や投薬までしてしまうサロンも存在します。もちろんカンボジアでも違法ですが、どこからか薬剤を入手して無資格のスタッフにより自己流の治療が行われることも珍しくありません。万が一のトラブルが起こった場合の対処法を持っているわけではないので、リスクしかないと思われます。

 

② 医師の経歴が明確かどうか

カンボジアの美容クリニックには、外国人医師が治療を行う外資系クリニックも数多く存在します。しかし、それらの外国人医師は非常勤であることが多く、治療が終わるとすぐに帰国してしまい、フォローアップが必要な時に相談できないケースもあります。またカンボジア人医師が常駐していても、十分な臨床経験がない場合もあります。カンボジアでは、美容外科・皮膚科・形成外科などの専門医資格を持っていない医師が多く、数日間から数週間の美容セミナーや研修に参加しただけでも、経験者として扱われる傾向にあるくらいです。やはり、そのクリニックの医師がどのような経歴・属性を持っているかの確認は必要かと思います。

 

START TYPING AND PRESS ENTER TO SEARCH